SPEECH AND LANGUAGE THERAPY ROOM


GREETING

ごあいさつ

ことばの相談室ことりでは、国家資格を持つ言語聴覚士がことば・コミュニケーションのご相談をお受けしています。
ことばがなかなか出ない・発音が不明瞭・吃音(きつおん)がある・読み書きが心配・失語症がある…
対象はお子さまから大人の方まで、年齢に制限はありません。医師の紹介や医療機関の診断は不要です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

ことばの相談室ことり 主宰
てらだ なな (言語聴覚士)

経歴

慶應義塾大学文学部卒
養成課程で言語聴覚士免許を取得
総合病院、プライベートのクリニック、専門学校、区立障害者福祉センターなどに勤務
年間100症例以上のことばの相談・支援に携わる
臨床のかたわら、「おうち療育」を合言葉にコトリドリルシリーズを製作・販売
吃音治療の「リッカム・プログラム」ライセンス所持
専門は、お子さんのことばの発達全般・吃音・発音指導・学習面のサポート・失語症・大人の発音矯正

GUIDANCE CONTENT

相談・指導内容

01
THERAPY FOR LANGUAGE

ことばの相談

【ことばが遅い】【文で話すのが苦手】【理解しているのに話さない】【不明瞭で何を言っているのかわからない】【母音の発音が揃わない】【お口周りの運動が苦手】など、お悩みに応じた「ことばの相談」をお受けします。

学習の相談

【音読でつっかえる】【書き間違いが多い】【かずの概念理解が難しい】【送り仮名が振れない】など、学習におけるコミュニケーションのご相談をお受けしています。
ご要望と必要度に応じて定期的な指導を承ります。また、1回の指導に要するお時間については、お子さん個人の集中力やその日の調子を見極めた上で柔軟に決めることができます。

02
THERAPY FOR SPEECH

【カ行、サ行、ラ行などがうまく言えない】【イ段の音(「き」「し」「ち」など)に雑音が混ざる】などの発音の誤りが対象です。舌や口の位置や動きを適切な状態に導くことで、正しい発音への改善を目指します。
★子どもだけでなく、中高生や大人も対象にしたプログラムです。どなたでもお気軽にご相談ください。

03
THERAPY FOR FLUENCY

【話しはじめの音をくりかえしてしまう】【ことばが詰まる】【ことばの音が伸びてしまう】など、いわゆる「どもり」と呼ばれる症状のことを「吃音(きつおん)」と呼びます。
当相談室では「吃音」にお悩みの方に向けて、環境調整の助言を行い、「吃音」症状の出にくい楽な話し方の練習を行います。
幼児期の吃音治療として近年注目されている「リッカムアプローチ」にも取り組んでいます(公認ライセンス取得者)。

04
REHABILITATION

脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患による【失語症(しつごしょう)】や【高次脳機能障害】【ことばの出しづらさ(構音障害)】などに対してリハビリを行います。
「病院でのリハビリが終了したが、もっと失語症・高次脳機能障害のリハビリを受けたい」などの要望にお応えします。
一人ひとりの症状に適したプログラムを個別にご提案し、マンツーマンのリハビリを実施いたします。
(※各種保険はご使用いただけません。あらかじめご了承ください)

FLOW

指導の流れ

STEP
01

アセスメント

初回は問診や検査からアセスメントを実施。2回目以降は、音声などのデータや宿題から振り返りを行います。

STEP
02

個別プログラムの実施

個々のニーズに合わせて作成したプログラムを実施。ご家庭に持ち帰り実践いただける内容のご提案を心掛けています。

STEP
03

カルテ送付

メールでカルテ記録を送付。実施記録はすべて共有し、今後にお役立ていただけます。

STEP
04

音声データなどの
相互共有

プログラムの定着を目指し、ご家庭で過ごす期間にも遠隔でのやり取りを継続いたします(1〜2往復めやす)。

  1. 当日の記録(カルテ記録)や、補足的な資料をメールでお送りいたします。
  2. 終了から1ヶ月間、メール相談を受け付けています疑問点の解消などにお役立ていただけます。
PRICE

料金

60分
¥10,000
45分
¥8,000

料金には、教材や資料代、事前・実施後の情報提供やメールでの録音データのやり取りなどを含みます。そのほか、必要に応じて頻度や時間の設定は柔軟に対応しています。すべて自費診療でのご案内となります。各種保険の適応はございません。

Q&A

よくある質問

Q
診断書は必要ですか?
A

いいえ。必要ありません。
医師の診断書や紹介状がなくてもご利用いただけます。自閉症スペクトラムやことばの遅れや吃音などの言語障害は、早期発見・早期介入が望ましいとされています。一方で、医療機関での診断は予約待ちが多く時間がかかる現状があります。ことばの相談室ことりでは、診断を待たずにことばの支援を開始することができます。

Q
利用は台東区(港区)在住の人だけですか?
A

いいえ。区内の方に限らずご利用いただけます。ことばの相談室ことりは、民間の教室になります。お住まいによる利用の制限はありません。

Q
オンラインでも相談できますか?
A

はい。実施しています。
オンラインセラピーには、オンライン通話サービスのZoomを使用し、外出困難な方、海外や地方にお住まいなど遠方の方のご相談をお受けしています。
事前に音声録音やフォームを使った記録データのやり取りなどを行った上でミーティングを行うなどの取り組みのご提案も行っています。

Q
保険証、受給者証は使えますか?
A

いいえ。ご使用いただけません。
ことばの相談室ことりは医療機関や児童発達支援事業所ではありません。民間の相談室・教室になりますので、相談料・受講料をその都度頂戴してご予約をお受けしています。

Q
医療費控除の対象になりますか?
A

いいえ。医療費控除の対象にはなりません。
言語聴覚士が医療行為として言語聴覚療法を実施する際には、医師または歯科医師の指示が必要となります。
ことばの相談室ことりは民間の施設ですので、お支払いいただいた相談料は医療費控除の対象とはなりません。

Q
利用に年齢制限はありますか?
A

とくに年齢の制限は設けていません。
2歳ごろから、小学生や中学生のお子さんもいらしています。また、発音矯正や吃音のご相談、失語症(脳卒中の後遺症などによる)の方など、成人のご相談もお受けしております。

Q
週に最大何回まで通えますか?
A

特に制限は設けておりません。
必要度やご都合に合わせて頻度や回数、時間などを相談し、決定いたします。

Q
発音がコンプレックスです。直すことはできますか?
A

サ行やカ行が言えない、側音化構音があるなどのご相談は、大人の方からよくもお受けしています。発音については、体系立った練習方法があるので、それを伝達し、ご自宅でも実施いただくことで少しずつ改善していきます。ことばの相談室ことりは、大人の発音矯正をお受けしている国内でも数少ないことばの相談室です。

Q
大人でも利用できますか?
A

はい。
発音矯正や吃音、脳卒中の後遺症などによる失語症について、大人の方の利用をいただいております。
この3つの言語症状については、国内で受け入れを行っている施設が少ないのが現状ですが、ことばの相談室ことりでは年間通して10〜20ケースほどのご相談を継続してお受けしています。

ACCESS

アクセス

蔵前 本室

〒111-0051
東京都台東区蔵前3丁目21−1 カーサ蔵前 1103号室
都営大江戸線 蔵前駅 徒歩約1分
都営浅草線 蔵前駅 徒歩約4分

駐輪場、駐車場はございません。
お近くのサービスをご利用ください。

恵比寿 出張所

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-1-7 ミツワマンション401
JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン 恵比寿駅 徒歩約4分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 徒歩約4分

駐輪場、駐車場はございません。
お近くのサービスをご利用ください。
学習塾「クラリティー・キッズ」さんの教室スペースをお借りして、ご相談をお受けしています。

オンライン相談

インターネット通話サービスZoomを利用してのオンライン相談です。
海外や遠方からのご相談、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭のかたのご相談、他専門職や法人のご相談にご活用いただいています。